猫の目やにや涙やけについて
猫の皮膚病の治療方法!サプリメントで予防と健康【キャットケア道場】
猫が皮膚病になる原因とは?
猫の皮膚病を治す方法は?
これって病気?気になる症状を紹介
猫の皮膚病でお悩みの飼い主さんに教えたい!サプリメントランキング
  1. 気になる目やにや涙やけの取り方を紹介

目やにや涙やけの原因は?

目やにや涙やけの原因は?

猫の種類によっては涙が流れ落ちていかないお顔の構造をしている子もいるのですが、そういった種類の子以外でも目やにや涙やけが目立つ子が少なくありません。涙がこぼれ落ちにくい代表格としてあげられるのはペルシャ猫です。潰れたお鼻で短いので、どうしても避けられないようです。

骨格は問題ないのに症状があるのは、病気であったり、何か異変が起きてしまっていることは間違いありません。放っておけば自然と治るだろう、という考えはとても危険です。簡単に原因と症状の特徴をまとめてみましたので、愛猫ちゃんに当てはまる項目がないかどうかチェックしてみてくださいね。

原因その1:目の病気が起きている

猫ヘルペスウイルスによる結膜炎はとてもかかりやすい病気の一つです。すでに感染している他の猫からもらったりして発症します。症状は、目やにが多く出たり、白目が充血するようになり、涙量が増加するためどうしても涙やけができてしまいます。

原因その2:ゴミや異物が入ってしまった

猫は自分でグルーミングをする動物なので、舞ってしまった毛や舐めとった毛が目に入り込んでしまって取れなくなり、目の中を傷つけてしまって涙が出てしまうケースが多いです。この場合、両目ではなく片目だけに起きることが一般的です。また外で野良猫とケンカをしてしまい、目に傷を負った場合も同様の症状が現れます。

原因その3:涙管にトラブルが起きている

涙は涙管と呼ばれる管を通って鼻腔に流れていくのが通常ですが、涙管が何らかの影響で詰まってしまっていたりするとうまく流れていくことができず、常に涙目で涙やけが目立つようになります。人間もそうですが、脂質が多い食事を摂りすぎると血管が詰まりやすくなるように、涙管も脂質で詰まってしまいやすくなるそうです。

原因その4:アレルギーが起因している

ダニ、花粉、ハウスダスト、食物などのアレルギーがあった場合、目のかゆみや涙、目やにが増加します。目があまりにもかゆいため、引っ搔いてしまって赤くなってしまうこともありますし、傷つけて細菌感染を起こしてしまう場合もありますので、早めのアレルゲン除去を行いましょう。

簡単な涙やけの取り方とは?

簡単な涙やけの取り方とは?

涙やけを綺麗にとってあげたい場合、原因となっている要素を取り除いてあげることが、何より先に行うことです。動物病院で診察を受けて適切な治療を受けるのがベストではありますが、自分でも何かできることはないかと飼い主さんなら考えてしまいますよね。

目やにや目やにが固まった部分は、濡らしたガーゼで丁寧に優しく拭き取るだけで大丈夫です。コットンだと毛が目に入ってしまう可能性があるためで、必ずガーゼを使用するようにしてください。目のふちの部分は本当にデリケートなので、軽めに拭き取りましょう。濡らす水の温度は、ぬるま湯程度がいちばん取れやすく、猫にとっても快適な温度です。

涙やけに関しては、目のトラブルがなくなれば自然と毛が生え揃って、綺麗な状態に戻りますので心配いりません。治療途中に涙やけで固まってしまっている毛は、目やにを取る方法と同じように拭き取ってあげてくださいね。

まとめ

目のトラブルなどが原因で涙目になることを流涙症と言い、多くの原因は猫カゼによる結膜炎や異物混入だそうです。普段から少し涙目にはなっていたけれど、いつもよりも涙の量も多いし充血しているような場合は早めに動物病院へ連れていってあげるのが望ましいでしょう。

目の下から涙が流れたあとの毛が変色して茶色くなっていたり、固まってしまっている場合も同様です。通常はこぼれ落ちるほどの涙を流すことはないので、こまめにスキンシップをとっている飼い主さんであれば、すぐに異変に気付いてあげることができるはずです。

ただなかには長時間下を向いていることで涙をこぼしている場合もありますので、よく観察しておく必要がありますね。例えばご飯の最中だけ涙を流す場合、グルーミングで長時間下を向いているときだけ涙を流す場合などです。

個体によって原因などはさまざまですので、日頃からよく愛猫を観察しておくこと、スキンシップを欠かさないこと、定期的な健康診断を欠かさないことが何よりも大切だと思います。

 
猫が皮膚病になる原因とは?
猫の皮膚病でお悩みの飼い主さんに教えたい!サプリメントランキング
猫の皮膚病を治す方法は?
これって病気?気になる症状を紹介