これってもしかして病気という症状をまとめました。
猫の皮膚病の治療方法!サプリメントで予防と健康【キャットケア道場】
猫が皮膚病になる原因とは?
猫の皮膚病を治す方法は?
これって病気?気になる症状を紹介
猫の皮膚病でお悩みの飼い主さんに教えたい!サプリメントランキング
  1. これって病気?気になる症状を紹介

猫がいつもと違うと感じたら・・・

猫がいつもと違うと感じたら・・・

なんとなく猫の様子がおかしい・・・。毎日見ているからこそわかる、愛猫の様子の変化。

いつもより食欲がなかったり、落ち込んだようになっていたり、動きがそわそわして落ち着かなかったりしていませんか?中にはイライラして飼い主さん目掛けてシャーっとする子もいるかもしれません。

愛猫が普段やらないような表情や行動をとったら、体のどこかに異変が起きていると考える必要がありますので、すぐにチェックをしてみてください。

なんか元気がない、動きたがらない

なんか元気がない、動きたがらない

猫の場合、疲れているなどの状態が他の動物よりもわかりにくくなっています。犬などは散歩に行ったあとにぐったりしたりするのですぐにわかるのですが、猫の場合はあまりそういった姿を見せないのが通常です。

それでも元気がなかったり動くことを嫌がったりする場合は、体の中に異変が起きている可能性があると思ってください。前述のような状態の他に、爪とぎもしなかったりするような場合もあります。単純に加齢に伴うものだったら心配ないのですが、素人の私たちでは判別がつきません。

必ずしもそうとは限りませんが、ヘルニアや心臓病など重大な病気にかかっていることもありますので、なるべく早く動物病院に連れて行ってあげてください。

動きが気ゴチなく、まっすぐ歩けない

動きが気ゴチなく、まっすぐ歩けない

動き方が何となくスムーズではない、よろよろしたりする、まっすぐ歩けていない、物にぶつかったりつまずいたりする場合、脳の障害や発達障害、薬物による中毒、トキソプラズマなどにかかっている可能性があります。

症状がどんどん悪化する場合は、早急に動物病院で診察を受けることが必要です。この症状が出ている場合はたいていが脳に関係するのですが、中には怪我などの外傷によって運動機能が低下していることもあったりします。

また腫瘍によって感覚をつかさどる神経ががふさがれてしまい脊髄性運動失調を起こしたり、バランスをつかさどる前葉に障害が起きて前葉性運動失調になってしまったり、小脳に障害が起きて小脳性運動失調になってしまうケースが非常に多いそうです。とにかく早めの治療が大切なので、異変を感じたらすぐに診察を受けてくださいね。

耳が臭く、耳をよく触っている

耳が臭く、耳をよく触っている

いつものように猫に顔を近づけたら、なんか耳が臭い・・・。様子を見ていると、耳をよく触る行動が増えた気がする・・・。こんな場合は、外耳炎にかかってしまっている可能性があります。

耳の周りをよく見てみるとフケが出ていませんか?自分たちが耳を触ると嫌がってさらに掻きむしっているような行動はありませんか?猫の外耳炎の原因の多くは、耳ヒゼンダニによるものです。かゆみやフケ、脱毛があり、進行すると中耳炎になり聴力が低下していくこともあります。かなりかゆみを伴うので、早急に治療してあげることが大切です。

鼻水やくしゃみがたくさんでる

鼻水やくしゃみがたくさんでる

普段から鼻水、くしゃみが出ているような子だとなかなか気づきにくいのですが、それでも色や回数や量などをしっかりと把握しておくことが大切です。鼻水やくしゃみの中には病原菌が含まれているので、他に飼い猫がいる場合にはなるべく接触させないことが肝心です。

これらの症状に加えて食欲不振や、ぐったりして動かないなどの様子が見られる場合は何らかの異変が体の中で起きていると思ってください。鼻炎や副鼻腔炎、口腔内の異常、猫ヘルペス角結膜炎、クリプトコッカス症など他にもさまざまな病気の可能性がありますので、すぐに動物病院での診察を受けるようにしましょう。

猫の抜け毛は病気の可能性あり?

猫の抜け毛は病気の可能性あり?

換毛期以外の猫の抜け毛、どこが抜けているかって気にしてあげていますか?猫の換毛期は年に2回ありますが、これは人間の衣替えと同じような感覚なので、どの猫にも起きる自然な現象です。

 猫の抜け毛は病気の可能性あり?

くさ〜い臭い汁は病気のサイン?

くさ〜い臭い汁は病気のサイン?

猫が怒っているとき、びっくりしているとき、外で別の猫に会って逃げてきたとき、甘えているときなどに、何とも言えないくらい臭さを感じたことがこのサイトを見ている方ならば一度は経験があると思います。

 くさ〜い臭い汁は病気のサイン?

気になる目やにや涙やけの取り方を紹介

気になる目やにや涙やけの取り方を紹介

猫の種類によっては涙が流れ落ちていかないお顔の構造をしている子もいるのですが、そういった種類の子以外でも目やにや涙やけが目立つ子が少なくありません。

 気になる目やにや涙やけの取り方を紹介

猫の脱毛の原因を解説

猫の脱毛の原因を解説

猫の足・内股・全身に脱毛がある場合に考えられる病気を紹介します。もし愛猫に脱毛が見られる場合にはチェックしてみてくださいね。

 猫の脱毛の原因を解説

猫も便秘になる?便が出ないときの対処法

猫も便秘になる?便が出ないときの対処法

猫の便の回数は1日1~3回が平均です。そのため、まる2日以上出ない場合は便秘と考えられます。便秘の主症状としては、何度もトイレに行く・トイレでいきんでいるのに出ない・食欲がない・お腹を触られるのを嫌がる・嘔吐といったものがあります。

 猫も便秘になる?便が出ないときの対処法

猫の呼吸が荒いとき考えられる病気とは?

猫の呼吸が荒いとき考えられる病気とは?

猫は鼻呼吸をする生き物です。しかし何らかの原因で鼻呼吸ができなくなると口呼吸になるため、呼吸が乱れてしまいます。

 猫の呼吸が荒いとき考えられる病気とは?

 
猫が皮膚病になる原因とは?
猫の皮膚病でお悩みの飼い主さんに教えたい!サプリメントランキング
猫の皮膚病を治す方法は?
これって病気?気になる症状を紹介