ニキビダニ症(毛包虫症)とは?
猫の皮膚病の治療方法!サプリメントで予防と健康【キャットケア道場】
猫が皮膚病になる原因とは?
猫の皮膚病を治す方法は?
これって病気?気になる症状を紹介
猫の皮膚病でお悩みの飼い主さんに教えたい!サプリメントランキング
  1. 猫が痒がっているのはニキビダニ症(毛包虫症)が原因は?

ニキビダニ症(毛包虫症)ってどういう症状?

ニキビダニ症(毛包虫症)ってどういう症状?

出典:あやい動物病院

猫のニキビダニ症、または毛包虫症は、ニキビダニが皮膚や毛包に入り込んで寄生し皮膚炎を起こします。アルカスとも呼ばれているようです。頭部や顔面、首などを中心に赤くただれたり、脱毛やフケ、かゆみなどが発症します。

かゆみはあまり感じないケースもあるようで、個体差が強いようです。長毛種の猫は、炎症箇所が脂っぽくなってしまい脂漏症へ進んでしまうケースも見られるようです。

また耳にニキビダニが寄生することで、外耳炎を発症することもあります。患部を掻いてしまうことで、そこから菌が入り込み、さらなる皮膚病などを引き起こしてしまうことも少なくありません。

重症化した場合、皮膚が化膿し膿が出るようになり、膿皮症と言われる皮膚病になってしまうことも。猫の種類の中でもニキビダニ症にかかりやすいのは、シャム、バーミーズと言われています。ニキビダニ症に感染しても症状が何も出ない種類もいたりするそうで、何かしらの免疫系統が大きく関わっているとも言われています。

ニキビダニ症(毛包虫症)の予防方法を紹介

ニキビダニ症(毛包虫症)の予防方法を紹介

ニキビダニ症の感染を防ぐ方法はこれといって特別なことはないのですが、基本的にはどの皮膚病にも言えることで、生活スペースの清潔を保つことが第一に挙げられます。清潔とストレスのかからないスペースを維持し、毎日のブラッシングなども欠かさず行うことが基本になります。

猫の種類によっては基礎疾患があり皮膚炎を発症していることがあるので、この場合は原因の治療と同時にニキビダニ症の治療に取り掛かります。食事面も気を配り、その個体に合っているもの、量を意識してください。食事のバランスで免疫力をアップさせ皮膚病にかかりにくい体を作ることが大切です。

以前は治療が困難な皮膚病でしたが、現在では抗生物質などで比較的楽に治療ができるように医学が進歩していますが、薬からの負担もなるべく減らすことを考え、早期発見を心掛けるようにしていきましょう。

 
猫が皮膚病になる原因とは?
猫の皮膚病でお悩みの飼い主さんに教えたい!サプリメントランキング
猫の皮膚病を治す方法は?
これって病気?気になる症状を紹介