皮膚糸状菌症(白癬)とは?
猫の皮膚病の治療方法!サプリメントで予防と健康【キャットケア道場】
猫が皮膚病になる原因とは?
猫の皮膚病を治す方法は?
これって病気?気になる症状を紹介
猫の皮膚病でお悩みの飼い主さんに教えたい!サプリメントランキング
  1. 皮膚糸状菌症(白癬)て一体どんな症状?原因は?

皮膚糸状菌症(白癬)ってどういう症状?

皮膚糸状菌症(白癬)ってどういう症状?

出典:淀川中央動物病院

猫カビとも呼ばれる皮膚糸状菌症は、人にも感染し、また人から猫へも感染する人畜共通感染症です。真菌というカビが悪さをして、皮膚に症状を引き起こしてしまいます。

人間に感染した場合、とくに多く見られるのが水虫です。猫に現れる症状の中でいちばん多く見られるのは、とにかく毛が抜けて禿げてしまうことで、次にフケが出たり、かゆみが出てひっきりなしに掻いてしまっているなどです。真菌が付着しやすいという理由から、とくに長毛種の猫がかかることが多いようです。長毛種の場合、毛の密度も濃いので、皮膚付近の湿度も高くカビが増殖しやすい場所になってしまうので、毎日のブラッシングは欠かさず行い、風通しを良くするようなイメージで行うことがポイントです。

カビが原因で脱毛する場合、どの場所でも関係なく発症するようです。パッと見てわかるような症状なので、早期発見もしやすい皮膚病でもあります。円形状に脱毛するのもこの皮膚病の特徴でもあり、人間に感染した場合は皮膚に赤いリング状の腫れのようなものが見られます。こちらもすぐにわかると思いますので、猫ちゃんか人間のどちらかに症状が見られたら、どちらも皮膚病にかかっているかもしれないと思っておいたほうがよさそうです。

皮膚糸状菌症(白癬)の予防方法を紹介

皮膚糸状菌症(白癬)の予防方法を紹介

まずは何よりも、感染している動物や人間などに近づかせないことが第一です。同じ室内で飼っている子がかかっている場合は、別部屋に移し隔離するか、ケージを別にするなどの工夫が必要です。

人にも感染するので、触れた後は必ずシャワーで流すなどの予防も大切です。生活スペースは常に清潔な状態を保ち、皮膚炎の原因物質やストレスから猫ちゃんを守ってあげましょう。ストレスなんて関係ないのでは?と思った方もいらっしゃるかもしれませんが、ストレスは猫の免疫力を低下させてしまい、皮膚炎にかかりやすい状態を作ってしまいますので注意が必要です。

また人間が水虫にかかっている場合は、猫ちゃんに感染しないよう靴下を履くなどして予防してください。皮膚病にかかりにくい体を作るために、食事内容の工夫も必要です。猫の種類に合ったフードや年齢に合った食事をバランスよく与えていきましょう。

 
猫が皮膚病になる原因とは?
猫の皮膚病でお悩みの飼い主さんに教えたい!サプリメントランキング
猫の皮膚病を治す方法は?
これって病気?気になる症状を紹介