猫のアトピー性皮膚炎とは?
猫の皮膚病の治療方法!サプリメントで予防と健康【キャットケア道場】
猫が皮膚病になる原因とは?
猫の皮膚病を治す方法は?
これって病気?気になる症状を紹介
猫の皮膚病でお悩みの飼い主さんに教えたい!サプリメントランキング
  1. 猫にもあるアトピー性皮膚炎の症状って?原因は?

アトピー性皮膚炎ってどういう症状?

アトピー性皮膚炎ってどういう症状?

出典:ハルペッツクリニック東京

人間でもつらい症状が出るアトピー性皮膚炎は、猫も発症します。体の免疫力が低下したり、皮膚のバリア機能が低下したりすることで、アレルギーの原因物質が侵入し、皮膚炎の症状を引き起こすのです。遺伝的な要素で発症することもあります。猫のアトピー性皮膚炎の症状は、かなり激しいかゆみがあり、かさぶたやフケ、脱毛などが見られます。

患部を掻きむしってしまうので、傷がつきさらなる炎症を起こしてしまうことも多々あります。猫の場合はある程度若いうちに発症することが多いようで、生後3か月から症状が出始め、3歳くらいまで時間をかけてどんどん悪化していくケースがほとんどだそうです。好発部位は首の後ろや耳の後ろ、首、鼠蹊部などですが、基本的には体全体のどこにでも発症します。

症状が出ると、舐めたり掻いたりを引っ切り無しに繰り返すので、早期発見しやすい皮膚病でもあります。酷くなると、ただれたり、膿皮症になってしまったり、外耳炎や結膜炎、粟粒性皮膚炎なども引き起こしてしまいます。

皮膚炎が長期化することで、皮膚が厚くなり、黒ずんだり苔癬化することも少なくありません。先天的な場合以外は、なるべく早く原因追求ができるようにしておきたいものですね。

アトピー性皮膚炎の予防方法を紹介

アトピー性皮膚炎の予防方法を紹介

アトピー性皮膚炎の予防には、とにかく徹底した生活スペースの掃除になります。アレルギーの原因となっている物質を取り除くためには必須です。

アトピー性皮膚炎にかかっている猫の多くは、ダニやノミによるアレルギーも発症しているケースが多いので、掃除は一番の予防方法になります。花粉やハウスダストなどがアレルゲンになっている場合も、外から帰ってきたらシャンプーとブラッシングで丁寧に落とすことや、床に落ちたアレルゲンを吸い込まないように掃除を徹底することが大切です。

アトピー性皮膚炎の場合、皮膚が乾燥しているのでシャンプーやブラッシングの後には保湿剤を使用してあげても良いでしょう。また何らかの基礎疾患があり、原因となってしまっている場合は、同時に治療していくことが肝心です。免疫力も低下しないよう、バランスの良い食事を与えることも予防につながります。

 
猫が皮膚病になる原因とは?
猫の皮膚病でお悩みの飼い主さんに教えたい!サプリメントランキング
猫の皮膚病を治す方法は?
これって病気?気になる症状を紹介